小牛尉(こうしじょう)・・完成です

小牛尉

小牛尉は、「高砂」、「屋島」などに使用される品格の高い尉面(爺さん面)です。
小生は、「屋島」に成年武者(白平太)とセットで使用されることを想定して制作しました。
今回は、化粧(頭髪の整髪)で手間取ったものの、彫りが快調で気持ちよく彫れました。

解説

  • 荒削り完了です。細部の彫刻に取りかかります。
  • 目型を入れました。
  • 目・口・シワを整えました。
  • 面裏を整えて、ポワーステインで着色(黒)しました。
    オイルステイン処理。面表に,オイルステインが滲んでます。意識して滲ませてます。
    紐穴など,擦れあとに風合いを出すためです。
  • 下塗り胡粉,上塗り胡粉 を塗布して化粧下地を作りました。
    今回は,面の彫りが快調だったので,胡粉仕上げも楽でした。
    植毛用の穴もあけてます。
  • 歯の着色と描髭を太めに入れました。 順調です。!!
  • 古色(私家はヤシャブ)をぼかし網で重ね塗りして肌色を出しました。
    植毛しました。!?
    大変な状態です。顎髭はいいのですが,頭髪は逆立ちしてます。
  • 整髪は,ヘアーアイロンを多用してトライしましたが なかなか難しい。
  • 元結で数か所仮止めするなど,試行錯誤して何とか整えました。
  • 恥ずかしくない髪型になったと思います。
    (日数をかけて,癖が出るのを待ちました。)
  • 小牛尉 完成です。
  • 面裏 銘を入れて,節目の年なので年月を入れてみました。

前ページへ

平太(白)・・完成です
能面 平太(白)がようやく完成しました。 平太(白)は、 讃岐国 屋島の源平合戦 源義経「弓流し」の場面で使用される能面です。 こちらもご覧ください。 「知者は迷わず、勇者は恐れずの、弥猛ごころの梓弓…」 能 ...

次ページへ

扁額と能面
ホームセンターの銘木コーナーでふと見つけた用材を加工して能面用扁額を制作してみました。 用材はナラ材かな~ 寸法は約900×400×20 重量2.5kg 「道成寺」を想定した「若女と赤般若」、「屋島」を想定した「子牛尉と白平太」です...

「能面制作」の一覧へ

能面制作
菅沼さんによる能面制作のページです。 皆さま、どうぞご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました