扁額と能面

赤般若と若女

ホームセンターの銘木コーナーでふと見つけた用材を加工して能面用扁額を制作してみました。
用材はナラ材かな~ 寸法は約900×400×20 重量2.5kg

「道成寺」を想定した「若女と赤般若」、「屋島」を想定した「子牛尉と白平太」です。


前ページへ

小牛尉(こうしじょう)・・完成です
小牛尉は、「高砂」、「屋島」などに使用される品格の高い尉面(爺さん面)です。 小生は、「屋島」に成年武者(白平太)とセットで使用されることを想定して制作しました。 今回は、化粧(頭髪の整髪)で手間取ったものの、彫りが快調で気持ちよく彫れ...

次ページへ

小面―Ⅱ
「小面―Ⅱ」 処女作に制作した「小面」に再挑戦しました。 面打ち入門に大多数の方が取り組む人気面です。 私も,第1作目に制作しました。味わい深い面なので何作作ってもいい面です。 1作目と比べて,少しふっくらと作りました。 古面(鎌倉...

「能面制作」の一覧へ

能面制作
菅沼さんによる能面制作のページです。 皆さま、どうぞご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました